×

CATEGORY

HOME»  三鈷の松

三鈷の松

願いごとが叶う三鈷の松

願いごとが叶う三鈷の松
願いごとが叶う三鈷の松

今からおよそ千二百年前、弘法大師空海上人が、唐の国における学法を終え、写経も完成させて、日本にご帰国になるその出航の時、秘密の教法流布に適する地あれば、それを示せと、その手にお持ちになった三鈷(仏教の法具)を、東の空に向かって天高くお投げになりました。
その三鈷は、遠く海を渡って、高野山まで届き、松の枝にかかっていたと伝えられています。帰国後、お大師さまは、高野山の伽藍を建立なさることになるわけですが、この時の松は、三鈷松と名づけられ、今も大切に譲り育てられています。

ところで、松の葉は2本が普通ですが、この三鈷松は、三鈷の先のように、葉先が3本に分かれています。これは、お大師さまのご法力によるもので、その松葉を拾って持っていると、必ず良いことが起こるそうです。以来、お大師さまにゆかりの土地に、この非常に珍しい3本葉の松が育つと、三鈷の松として崇められるようになりました。
石山寺は、高野山より古い真言宗のお寺です。お大師さまは、自らの厄年に3ヶ月間参篭して、ここで修行をなさいました。今も御影堂より、ご参拝の方々を見守っておられることでしょう。
石山寺の三鈷の松は、葉先が長いのが特徴です。

念じながら三鈷の松を何度も三つ編みに

願いごとを叶えるためには、まず叶わなかった原因(過去の悪しき因縁)を仏さまのお智慧で解いていただくことから始めます。
そして次ぎに、念じながら三鈷の松を何度も三つ編み(実を結ぶ)にすることで、新しい希望の世界と現実の世界が結びつき、今までただ単に夢であったものが実現することになります。貴方も一度お試しください。

御大師さまの御恩おくり

福運を呼び寄せ、見事に願いごとを叶えることができましたら、その歓びと、お大師さまへの感謝の気持ちを、ご恩返しのつもりで身近な方へお伝えください。人にお話をすることで、貴方の心は慈悲深く豊かなものになります。

CATEGORY

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届けいたします。

至誠庵だより
至誠庵だより

月間人気ランキング

週間人気ランキング

人気ランキング

CONTENTS

メール会員登録