×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  鮒寿司 通信»  鮒寿司 通信 No.24 ~最終回~

鮒寿司 通信 No.24 ~最終回~

鮒寿司 通信 No.24 ~最終回~

スペイン、バレンシアにある1000年続く
ワイナリーを守り続けてきている農家に
密着した番組が放映されていました。
 
戦争、飢饉、疫病、国の経済破綻危機など
さまざまな困難を一族の結集で乗り切り
今があることに先祖への感謝と一族としての
誇りを持っていると話されていました。
 
農家の朝は早い。
 
まだ暗いうちから農作業を始め、
昼の休息のあと再び農作業へと戻ります。
 
365日、休むことはありません。
 
ワインの原料であるぶどうは温度変化に弱い。
 
品質を落とさないよう日々ひとつひとつ
丁寧に管理し、愛情をもって大切に
育てていきます。
 
実のならない寒い時期は枯れたぶどうの
木を抜き、土を肥やす作業。
 
熟成させる樽の管理。ワインの出荷準備等。
 
エトセトラ・・
 
やるべきことはいくらでもある日々です。
 
一族総出、泥にまみれながらも
みんなキラキラしていました。
 
番組の後半、地中海の青い空の下、
輝く笑顔で話されたご主人の言葉が
とても印象に残っています。
 
「ある日、街に住む友人たちに言われたんだ。
自然相手の仕事は思うようにいかないことが
多くて大変だろうと。だから僕は言ったんだよ。
『僕はね、この暮らしに恋してるんだよ』
ってね」。
 
最強です。
 
気持ちいいほどシンプルで、
これ以上の説明が一切いらない言葉。
 
人種も性別も年齢も関係ない。
 
美しく、輝いている人と言うのは
『暮らしに恋している』人なのだと
強く確信できました。
 
 
 
至誠庵と出会い、鮒寿司を知り、
ひろこさんとご縁をいただきました。
 
有名人気店のHPに掲載する通信を
担当させて頂けたことは幸運以外の
何ものでもありません。
 
鮒寿司の歴史、関連する人物や出来事、
一見、無関係に思えるような事象からも
鮒寿司を連想していく・・
 
この一年、ひたすら鮒寿司と向きあった
日々といっても過言ではないです(笑)
 
好き勝手に自由きままに書かせて
いただけたのは、ひとえにひろこさんの
懐の大きさあってこそ、
ただただ感謝しかありません。
 
24回の長きに渡ってお付き合いいただいた
読者の方、そしてひろこさんを始めとする
ご家族、すべての関係者の方々へ
深く御礼を申し上げます。
 
1年間ほんとうにありがとうございました。
 
穏やかな空気に包まれた至誠庵。
 
訪れる皆様が鮒寿司を召し上がり、
たくさんの美しさと輝きを得て、
「暮らしに恋する」素敵な時を
過ごされますように。
 
愛と感謝を込めて。   増茂 紀子
 
 
    
 

2021-03-09 21:35:00

鮒寿司 通信   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

CATEGORY

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届けいたします。

至誠庵だより
至誠庵だより

月間人気ランキング

週間人気ランキング

人気ランキング

CONTENTS

メール会員登録