×

CATEGORY

HOME»  鮒ずしの食べ方

鮒ずしの食べ方

切り身をそのままお酒の肴に

切り身をそのままお酒の肴に

鮒のまわりについている発酵したご飯を、包丁の背などでたりのぞき、出来るだけ薄くスライスします。(切りにくい場合は、凍らせて切るとスライスしやすいです)

お好みで、ワサビしょう油、生姜しょう油、味醂しょう油、二杯酢などでお召し上がりください。

お茶漬けに

お茶漬けに

お椀の中に、鮒の頭や尾、切り身を入れて、熱湯をそそぎ 薄口しょうゆで味をととのえて、お吸い物として、お召し上がりください。昆布だし・とろろ昆布ならなお一層、格別の風味でございます。

お茶碗の中にご飯を入れて鮒ずしの頭や尾、切り身をのせてお好みの薬味と一緒にお茶をそそぎ塩(または薄口しょうゆ)でお召し上がりください。

薬味は、ねぎ・塩昆布・とろろ昆布・針生姜・わさびなど

お湯・ほうじ茶・玄米茶・出し汁などお好みでどうぞお召し上がりください。

ふなずし粥は、夏バテや病気等で食が進まない時などに

ふなずし粥は、夏バテや病気等で食が進まない時などに

切り身とまわりについている発酵したふなずしご飯と一緒にお粥をたきます。

SU-6すし乳酸菌たっぷりの滋養強壮なお粥をお召し上がりください。

「お腹を下した時や風邪を引いた時は、ふなずしを食べなさい」
と、昔からの言い伝えがあります。

http://su-6.jp/
http://aqua-japan.net/bigsmile/?p=823

商品カテゴリ

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届け致します。
店長の写真

コンテンツ