×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  鮒寿司 通信»  鮒寿司 通信 No.20 ~鮒寿司と安倍晴明~

鮒寿司 通信 No.20 ~鮒寿司と安倍晴明~

鮒寿司 通信 No.20 ~鮒寿司と安倍晴明~

新年おめでとうございます。
 
しっかりと地に足をつけ、
着実に堅実に前へ進める、
そんな丑年の一年であればと思います。
 
 
 
さて、2021年
最初の登場人物は「安倍晴明」。
 
いわずとしれた陰陽道の達人。
 
白い人型の紙に息を吹きかけ
呪文を唱えていたり、鬼退治を行うなど、
摩訶不思議な能力を持つ人物として
多くの人の記憶にあるのではと思います。
 
しかし、彼の本当の仕事については
あまり有名ではありません。
 
実は彼は天文学者なのです。
 
平安時代、政治の世界では星の動きが
重要な物事を決める判断となることは
しばしばありました。
 
そのため、天文学は
宮中において重要セクションでした。
 
安倍晴明は公務員だったのです。
 
晴明は40歳になって天文学と同時に
陰陽道の勉強も始めていきます。
 
そして50代で役職の長に任命されるのです。
 
日頃より勉学に真摯に励み
結果を出す晴明に対し、
宮中TOPの天皇はおおいに信頼を寄せ
宮中の多くの儀式にも参列したと
言われています。
 
当時、鮒寿司(なれすし)は
儀式には欠かせない一品でした。
 
位の高いものしか食せなかった
鮒寿司(なれすし)ですが、
もしかしたら晴明も口にしたかもしれませんね。
 
 
安倍晴明は身分の高い生まれでは
ありませんでした。
 
しかし、彼は天皇から直接相談を
うけるほどの地位まで上り詰めます。
 
当時の50歳といえば
天寿をまっとうといわれる年齢です。
 
けれど、晴明はその歳から
どんどん活躍し始めます。
 
陰陽道には「兎歩(うほ)」と呼ばれる
呪術があります。
 
土地の邪気を払い、場を浄化する呪術ですが、
晴明はそれを80代で習得しました。
 
ひとつのことに真摯に向き合う地道な努力、
それを継続していく努力、
それらに年齢は関係ないのだと
教えてくれている気がします。
 
物事に対する真摯な姿勢から結果を
生み出せば、「信頼」はあとからついてくる。
 
今も人気の衰えない安倍晴明の魅力の源は
彼の生き様そのものではないかと思います。
 
 
一年の計は元旦にあり。
新しい年の始まりに目標をたててみるのも
悪くないかもしれません。
 
楽しみながら続けていける目標ならいいですね。
 
 
2021年が静かに幕を開けました。
 
皆様にとって笑顔であふれる一年と
なりますように。
 
至誠庵と鮒寿司を、
今年もよろしくお願い申し上げます。
                  By増茂 紀子

2021-01-05 21:35:00

鮒寿司 通信   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

商品カテゴリ

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届け致します。
店長の写真

コンテンツ