×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  鮒寿司 通信»  鮒寿司 通信 No.4

鮒寿司 通信 No.4

鮒寿司 通信 No.4

2020年話題の地域といえば、
ここ近江の国、滋賀県。
 
『滋賀県といえば何を思い浮かべますか?』と
質問すればほぼ間違いなく
「琵琶湖」と返答が来ます。
 
日本一大きな湖「琵琶湖」を有する滋賀県には
日本で唯一と言われる島がぽっかり浮かんでいます。
 
その名は「沖島」。
 
何が唯一なのか?
淡水湖に浮かぶ有人島として唯一なのです。
 
ほかの地域にも淡水湖に浮かぶ有人島はあるのですが、
どの島も架橋されていて本州とつながっています。
 
ただひとつぽっかりと浮かんでいる島は
「沖島」だけなのです。
 
この沖島、歴史好きには大変興味深い島。
 
この島にある姓はほぼ7つ。
 
伝えによると、保元の乱(1156年)、
平治の乱(1159年)の頃、源氏の落人が
ここへたどり着き住み着いたのが始まりだとか。
 
現在の沖島の人口は約400人。
 
島民のみなさんの祖先は源氏へとつながって
いるなんて沖島は歴史ロマンの宝庫です!
 
 
孤島である沖島では、昔から島民同士で
助け合い、支えあい、知恵と工夫で
孤島ならではの困難をのりきってきたといいます。
 
その知恵と工夫のひとつが今も沖島名物と
なっている「鮒寿司」です。
 
保存食としても優秀で、栄養素満点の「鮒寿司」が
沖島の人たちの健康を守る一役を担っていました。
 
ここ沖島では今でも各家庭ごとの
「鮒寿司」が作られているとか。
 
移動手段が船だけというこの島で、源氏のロマンに
ふれ、沖島の風を感じながら食べる「鮒寿司」は
きっと一味違うはず。
 
 
「鮒寿司」は、海を持たない滋賀の人々の
知恵と工夫の傑作です。
 
無いものを嘆くのではなく、
有るものを持って工夫する。
 
人々が支えあい協力しあったときに
すぐれたものは出来上がります。
 
今改めて助け合うことの大切さを
「鮒寿司」の歴史が教えてくれている気がします。
 

by増茂 紀子   

2020-05-19 11:42:51

鮒寿司 通信   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

商品カテゴリ

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届け致します。
店長の写真

コンテンツ