×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  鮒寿司 通信»  鮒寿司 通信 No.1

鮒寿司 通信 No.1

鮒寿司 通信 No.1


 「延喜式」とは平安初期以来、宮中における
年中行事や制度などを集大成した事務規定である。

むつかしく書いてありますが、少々乱暴に解釈すると、
宮中の規律・規範をまとめて書かれたもの。

 醍醐天皇の時代に編纂されたということなので、
718年ごろ。その「延喜式」にでてくるのです。

「鮒寿司」という文字が。

 平安時代には醍醐天皇のような高貴な身分の者が、
しかも特別な行事のときだけ食べていた「鮒寿司」。

古来より栄養素の高い食品として珍重されていました。



 さて、この「鮒寿司」にまつわる有名人といえば、
今注目の明智光秀。

織田信長が安土城に徳川家康を招く際の
接待役・饗応役として選ばれたのが光秀。

光秀は家康一行安土到着の5/15から5/17までの
3日間、食事のもてなしをするよう命じられていました。

生真面目な光秀は誠心誠意込めて
もてなしのための献立選びをしたようで、
約60品が記された「天正10年安土御献立」として
いまもその記録が残っています。

「鮒寿司」が供されたのは記録によると家康到着の日。
到着したすぐの昼のメニューに載っています。
旅を終えた家康一向にまずは疲れを癒してもらおうと
精の付く食材を多く使っているように思えます。



  「鮒寿司」は当時から食べると力が沸く食材として
近江では貴重な一品でした。

しかし、光秀は最終日5/17の接待役をおろされてしまいます。

光秀のおもてなしの想いが信長の望んだことと
違ったのか・・真偽のほどはわかりません。

ただ、光秀は「鮒寿司」を近江を代表する料理で
あると自信を持っていたと思うのです。

古来より大事な時に出す料理だと知っていたのだと思います。

だからこそ、家康到着の一番最初に出すメニューに
選んだのではないかと。



光秀が愛した「鮒寿司」は長い時を経て
現代にまで脈々と受け継がれています。

近江を訪れた武将達も食したであろう「鮒寿司」。

戦国絵巻を感じながら召し上がっていただくのも
また、オツなものです。
     
  by増茂紀子   

2020-04-07 12:37:11

鮒寿司 通信   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

商品カテゴリ

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届け致します。
店長の写真

コンテンツ