×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  源氏物語»  第二帖 帚木(ほうきぎ)

第二帖 帚木(ほうきぎ)

第二帖 帚木(ほうきぎ)

第二帖 帚木(ほうきぎ)

 有名な「雨夜の品定め」は。この帖にあります

女にはちょっとウルサイ男四人が集まって、女の品定めをするのです。

(親友の頭の中将もここで登場です)

恋人にするならこんな女とか、結婚するならこんな女とか。 

それが結構今の時代にも当てはまる所もあるようです。

これを書いた作者が女である事が面白い。自分たちの経験を話したりして

これから先の話の伏線も引かれているようで

ボーっと読み過ごさないように気を付けたい所かも!

そして、方違えで訪れた伊予の守の家の若い奥さんに言い寄る

好色な源氏の君の登場です!

初めて知った相手に前々から思いを

寄せていたように口説くのです。

こんな手に引っかかる女も女と今の時代では思うけど

深窓の奥深くで育てられた女人では仕方ないのかな~?

やっぱり相手が光り輝く絶世の美男子だからなのかな~?

それでも、結構拒否しているみたいなんだけど、私から見れば

まだまだ甘い!って感じです

この女人は次の空蝉の帖へと続きます。

2015-05-30 15:16:56

源氏物語   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

商品カテゴリ

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届け致します。
店長の写真

コンテンツ