×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  一期一会»  目の前真っ暗

目の前真っ暗

目の前真っ暗

昨日、携帯をJRのトイレで、置き忘れてしまいました。

あわててたのもあるのですが、広い台があり、用を済ませるのに
鞄を置き、その横に、ICOKAの入ったケースに入った携帯をおき

電車が到着するので、あわてて、ポケットに入れたつもりでしたが
そのまま鞄だけを持って出てしまい、電車に飛び乗り、二つ先の駅まで行ってしまい

気が付いたのは、降りるときにICOKAをだそうとした瞬間!

どこにもないことに気づき・・・・トイレに忘れたと思いだし・・・

また乗った駅まで戻ることに・・・・・・・・

その道中の長いこと。

ありますようにと祈る気持ちでいっぱいで、無くなっていたらと思うと目の前が真っ暗で泣きそうになりました。

私は、この失敗を前にしており、コンビニのトイレで携帯を台の上に置き、気づいて取りに行ったときにはどこにもなく

大変な目にあったので、あってほしいと!親切な方が、駅員さんに届けてくれていますようにと

わずか、7分ぐらいの時間でしたが、そう信じてトイレに駆け込みましたが

台の上には、なく。

あわてて、駅員さんに聞いたところ・・・・・

届いてないとのこと!  あぁあああああああああああああああああ絶望でした。

でも、もう一度見に行ったところ

なんと!なんと!ごみ箱に捨ててありました。

あったので、ホットしましたが

ICOKAもそのまま

誰かが捨てたのでしょうね。

かかわらたくないという心理でしょうか・・・・

困らせようという心理でしょうか・・・・・

落とした持ち主が困ることなんて考えられないんでしょうね。

なんか、世の中の殺伐としたものをかんじてしまいました。

因果応報

きっと、ごみ箱に捨てた人は、そんな状況になった時に、はじめて気づくんでしょうが

同じことを、人にされるという事を・・・・・

人を困らせたら、必ずその報いは自分に返ってくるということ

2014-12-04 12:56:40

一期一会   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

商品カテゴリ

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届け致します。
店長の写真

コンテンツ