×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧»  井上兄弟がこれからの夢を語るブログ

井上兄弟がこれからの夢を語るブログ

井上兄弟がこれからの夢を語るブログ 鮒寿司 通信 鮒ずしの食べ方 ・・・もっと見る>>
  • 件 (全件)
  • 1

井上兄弟がこれからの夢を語るブログ  その②次男・水晴の自己紹介

弟 水晴の自己紹介

 

はじめまして
井上水晴(みはる)
平成7年4月8日生まれ25歳です
 
小学校から、高校生まで大好きなサッカーにあけくれ、
小学生のときは全国大会まで出場し、良い経験になりました。
 
サッカーも父親の影響なのですが、
高校生のときに次の進路を考えてたときに、
 
小さい頃に父が食べさせてくれた鰻を、
昔のように実家で鰻屋をしたいなと漠然と思い、
高校の担任や親に、うなぎの修行にいきたいと伝えました。

しかし、さすがにうなぎだけでは…と、
「料理もしたことないのに、大丈夫か」と。
 
「調理の専門学校に行って
今後の進路を考えて見たらは?」と言う意見をいただき
一年間だけ専門学校に通わせていただきました。
 
 
京都にある老舗料亭 菊乃井さんの
会社説明会に参加させてもらったときに、
 
菊乃井の大将のお話を聞いて、
「ここはやばいな(笑)」と
 
言葉にはできないぐらいの感銘を受け、
ここしか無いと思って、入社を決めました。
 
三ツ星のお店なので、
ガチガチに厳しいのではないかと思っていたのですが、
大将はじめみなさんフレンドリーで良い人ばかりでした。
 
1年目はまかないや、追い回しの毎日で、
悔しいことも沢山ありました。
 
できひん事に悩み、相談し、
諭していただける上司や、先輩に囲まれて
 
家族にも休みの日は迎えにきてもらったりして、
まわりに、すごい支えてもらったおかけで、
修行期間を終えられたと、心の底からそう思います。
 
全てが一流の環境にいさせていただいたので、
一つ一つの考え方や、見据えるところや、目につく事など、
小さいことから、多くを学ぶ事が出来ました。
 
飲食店をどんな形でするにも、
絶対に大事なことを身につけ、また知る事ができたと思います。
 
今は菊乃井を離れて、
うなぎの修行として、やらさせてもらってます。
 
海の魚とこんなに違うもんなのかと思うぐらい、
すごく難しいですが、とても、奥が深く、
 
毎日鰻のことを考えている生活を送らさせてもらってます。
 

 
#うなぎ #サッカー #菊乃井 #修行 #料理 #飲食店 #京都 #鰻

2020-09-15 09:45:00

コメント(0)

折りたたむ

井上兄弟がこれからの夢を語るブログ  その①長男・貫太の自己紹介

アメブロにて
アメブロトップ画像 転載用を始めました!

↑↑画像からジャンプできます。読者登録お願いします↑↑
 


今回はその中から

長男・貫太の自己紹介① をお届けします。

 

兄弟の自己紹介をさせていただきます。
 
まず、長男から
 
井上貫太
平成5年10月27日生まれ26歳
有限会社至誠庵 取締役⇦実家の家業です。
 
実家は、大津市石山寺の参道にて
「ふなずし」や琵琶湖で獲れた湖魚を佃煮にして
 
すべて自家製・無添加にこだわり
製造販売している会社です。
 
 
また、石山寺名物「志じみめし」を提供する
志じみ釜めし「湖舟」も営業しております。
 
 
小学校、中学校で剣道を
小学校、中学校、高校ではサッカーに取り組みました。
 
亡くなった父が生徒会長をしていたと言うのを聞き
そんな父に憧れて、
小学校、中学校、高校では生徒会長をしていました。笑
 
将来は、
至誠庵(現在は湖舟も含まれます)を引き継ぎながら
地域が誇れるような飲食店を新たに立ち上げたいという思いから
 
大学では、経営学部事業承継コースを専攻。
 
アルバイトで飲食店を2店舗ほど掛け持ちしながら、
高校時代お世話になったサッカー部のコーチスタッフとしてチームをサポートし、
リーダーシップやマネジメントの勉強させていただきました。
 
大学4年生の時に
湖舟を引き継ぐ話となり、
現在、湖舟の取締役として5年目となります。
 
家族はもちろん
地域の方や、先輩事業者や同年代仲間に支えられ、
学びの多い毎日を送っています。

#マネジメント#経営学部#石山寺#大津市#琵琶湖#事業承継#サッカー#剣道

2020-09-01 09:39:45

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1

商品カテゴリ

至誠庵だより

至誠庵から湖国の情報をお届け致します。
店長の写真

コンテンツ